よしいブログ

このブログを見るとあなたの貴重な時間が減ります。

大学受験

もう受験だ受験だ受験だ。
まずいああーーーーーーーーー。


どうも、よしいですね。
センター試験まであと百何日となりました。
どうも、よしいです。


僕は、焦っています。
積み重ねた者が勝つという凡人の中での常識からいえば、僕は非常にまずい状況にあるわけです。
しかしまずい状況にありながらも僕は勉学に励もうとしないのです。
ダメ人間のさがなのか、ここまで追い詰められた状況に陥ると、僕は現実から目を伏せたがるのです。
もう諦めたほうがいいのかもしれませんね。


しかし、諦めるわけにはいきません。


僕を陳腐な塾へ行かせるために、僕の親は、安い計算機では入りきらないような桁の料金を払ってくださっているのが現状です。
僕がそのお金に見合った大学に行くのは義務であります。


さらに、僕のような才能もなく、甲斐性もなく、コミュニケーションもまともに取れない人間の最底辺のような奴が、人間としての定跡を辿るには、ある程度の学歴を得ることが必要不可欠なのです。


このような理由があってもまだ僕をやる気にさせない魔物の存在があります。
それは、「大学生活の恐怖」です。


僕の場合、大学生活は必然的に一人暮らしになります。
前のブログでも書いた通り、支えてくれる人が存在しない一人暮らしでは、僕はすぐに崩れてすぐ死にそうな気がするのです。
そんな死の匂いが、そのような魔物を産んでしまったのです。



一生懸命頑張って魔物に食われて死ぬか、魔物から逃れて地べたを這いずり、最底辺の地面を舐めまわすか。
あなたならどっちのルートを辿りますか。



ばいばい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。